いよいよメルボルンに上陸07.5.6

 日本とメルボルンの時差は1時間とほとんどありません。おまけに今の気候は、北半球の日本とあまり差がなく、体に負担が全くありません。今回は、検閲で箏ケースも開かれずにスムーズにロビーに出ることが出来ほっと一安心。迎えに来てくれたのは、私と同郷で熊本出身の坂本敏範さん。車に荷物を積むと、ユーカリの木がそよぎ、3度目の上陸に懐かしさを感じます。
 彼はこちらに来て10年、「和太鼓りんどう」を率いて大活躍。こちらでは有名人です。これまでの公演回数はスクールコンサートなども含めのべ1600公演を超えているそうで、現在もバクシン中です。そうそうここに来る寸前、日本でテレビ朝日「ポカポカ地球家族」という番組で彼の一家が30分番組で紹介されました。空港から40分ほどのブラックバーンという町に、一軒家で広い庭に車2台、奥さんの順子さんと光えつ君5歳の3人で、和太鼓だけで生活しています。すごいですね。町の名前がブラックバーンって「黒焦げ町」なんですって!
 彼は「トシ」とみんなに呼ばれて今でこそよく知られていますが、はじめの頃は「ポシ.サケモト」とか色々間違われてむちゃくちゃだったそうです。ジュンちゃんも名前では大変だったようで、なぜかJUNKOのJが消えたり、Oがなくなったり、まったく違う意味になってしまって公然と紹介され、一瞬会場がシーン、ザワザワ...。
TVでは日本人があこがれるすばらしい生活が映しだされていましたが、ここまで来るにはきっと目に見えないろんなご苦労があったのでしょうね。お世話になります。つづく
by koto-izumi | 2007-05-15 01:05

琴・藤川いずみのブログ


by kotoizumi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る