今年も地道に古典研究会 2月16日初弾き

c0085539_1925473.jpg

 今日は、今年はじめての古典研究会でした。研究会というより友の会、もしくは互助会のほうがふさわしいかも知れません。とにかく古典はお琴を弾く人には永遠の基礎・ライフワークですが、なかなか先人たちの残した、文化遺産に挑むにはハードルが高くて、よ~し!!っと思わないと取り組めないものなのです。そこでこの互助会では、コンマスのみやざき都さんのやる気満々の統率力が、尺八の初田さんはじめ馬場さんや私とお弟子さんを引っ張って行ってくれるので、こちらも何とかもがきながらついて行く状態です。
 さて今日の御題は「西行桜」と「玉の台」の二曲。すみません・・・玉の台ってそのまま読まないで下さいね。なんだかパチンコ屋さんの歌かと間違えられそうですが、“たまのうてな”と読むのが正解です。玄人好みの、のどを聴かせながら超難しい散らしもあわせ持った名曲です。
 「西行桜」は、弾いてみてビックリ。宮城道雄がこの曲をとてもよく弾いて細胞のなかに節の一つ一つが染み込んでいたんだ!と発見。「比良」や「尾上の松」「こんかい」など宮城曲の節があちこちに。歌詞も謡曲の奥深い言葉の味わいを楽しめるこれまた名品なのです。
 は~っむずかしかった!!なんとか互助会のちからで、古典の世界を味わう楽しみも気長につづけて行けたらいいなと思う今日の日でした。次回は「新浮船」の予定なり~。
by koto-izumi | 2007-02-16 19:02

琴・藤川いずみのブログ


by kotoizumi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る