(@_@) ローカル線!

c0085539_9373653.jpg

 先日、福岡の鳥栖から電車で帰る機会がありました。ところで九州人は「汽車」というんですよね。JR九州は「汽車」とずーっと思って疑いもしませんでした。でも去年メルボルンでヨウコさんのお宅で4人でランチを楽しんでるとき、「いずみさんは九州人ね。だって電車を汽車っていうから」と言われて、はじめて私が汽車と思っていたものと、まわりの人が汽車という概念にズレがあることを知りました。そういえば東京ではJRでも地下鉄でもみんな電車というなあ。私の中では、走行距離が長いのが汽車、短いのが電車と区分けされているのは、きっと熊本市内を走る路面電車と、つい最近まで石炭で走っていたあそBOYのような機関車とが大きく影響していたんだなーと振り返ってみました。子供のころは、煙を吐き警笛を鳴らして貨物列車が踏み切りの前を通るとき、黒い車両を50数輌も数えたといっては喜んでいたっけ、なーんて思い出の一コマ。あわただしく“電車”にのることばかりだった昨今、ゆっくり汽車の旅を楽しむことを忘れていました。
 というわけで、すぐに乗れる特急をやめ、わざわざ40分待って熊本までの各駅停車のローカル線に乗って家路に帰ることにしました。特急の2倍の時間だけど、2時間かかってゆったり帰るのも時間の贅沢かなー。と思って、待っている間「駅長おすすめの~」のパンフレットをあれこれ選んで、旅人気分でついに来た普通列車に乗りました。すると目からうろこ!!今のローカル線っていつの間にこんなにおしゃれ変身してたの!?車体も座席もアララー、どこに座ろうか嬉しくてついウロウロ、2両しかない車両を行ったり来たりしてしまいました。その上座って驚いた。窓一面が広いっ!椅子4脚分位仕切りがなく、大きな油絵のキャンバス風景のようでした。感激!!!これは贅沢な汽車の旅です。でもあまりの心地よさに眠気が差してきて、田原坂あたりまでうつらうつら船漕いで帰りました。
by koto-izumi | 2007-02-11 09:37

琴・藤川いずみのブログ


by kotoizumi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る