IF.インフォメーション

10月になりました。秋、いろいろイベントがあります。
10月6日熊本城観月会 熊本城本丸 18:00~
10月7日個人別荘 16:00~  国分寺 18:30~
10月9日人吉おくんち祭り 青井神社 18:30~19:30
10月10日月出小学校 11:00~12:30
10月13日吉野中学校 12:00~12:40
10月14日アートプレックス 東雲座ライブ 上通りびぷれす18:00~18:45、
現代美術館19:00~19:30 
10月16日新開大神宮 秋の例大祭ご奉納 10:00~
10月16日~18日東京 オーラJリハーサル
10月19日茨城県下妻市民会館 羽衣公演 14:00~
つづく

# by koto-izumi | 2006-10-06 09:17  

羽衣ワークショップ6 ~神社巡りその四~

 熊野神社から八重垣神社の方へもう一度10キロぐらい戻ると、出雲風土記の丘という一帯があり、太古の昔に想いを馳せながら散策を愉しむことが出来ます。そのちょっと先に神魂(かもす)神社があります。松江駅より大庭方面行きバスで25分ほどのところです。
 ここは、出雲神社が建った時代より更に古く、お社の構造が大社造りの原型を見ることができ、国の重要文化財に指定されています。同じ大社造りでも、構造を見ると、なぜ出雲大社があのように伊勢神宮はじめ他の神社と違う造りなのか、よく理解できます。
階段が右にあるのは、正面中央にまっすぐな大きな太い柱がドーンと立っているために、中央に階段を設けることができないためです。床は高床式になっており、8本の大きな柱がお社を支えています。本殿、内殿、古代心の御柱の一部が国宝、日本最古の建築様式として、現存する最古の姿を保っています。御祭神はイザナミ大神、イザナギ大神です。商業的な感じの全くしない、素朴な凛とした神社でした。
 その後、松江城に遊びに行きました。場内にも松平方の神社がありました。夜は、お城を取り巻くお堀のまわりを手作りの灯篭でともし、屋台も出て楽しい雰囲気でした。~出雲神社巡り完~
    

# by koto-izumi | 2006-10-06 08:59  

羽衣ワークショップ5 ~神社巡り その三~

この日は更に神社巡りがつづきます。
先ほど訪ねた八重垣神社もそうですが、この松江界隈の文化は、もともと山の方に十数kmほど入ったところにある熊野神社が中心地だったそうです。神社に渡る橋の上から見える小川の流れや彼岸花に、昔から変わらぬのどかな風景が満喫できます。
ここの御神体は正面にスサノオの尊、左に母君のイザナミの尊、右に妻の稲田姫をお祭りしてあり、夫から妻にプレゼントされたといわれのある丸い櫛がお土産になっています。カップルで来られた方は、男性からこの櫛をプレゼントされたら、それは間違いなくプロポーズの意味ですよ。逆にもしもらえなかったら、あんまり気が無いかも。
もうひとつ、ここには鑽火殿(さんかでん)という茅葺きの簡素な造りですが重要な拝殿があります。スサノオ大神が檜の臼と卯木(うつぎ)の杵で火を鑽り出す方法を教えられたと伝えられ、日本火出社とも言われるそうです。毎年15日の鑽火祭は古来からのしきたりで、出雲国造(大社)からここまで神器を拝戴するために参向されるそうです。つづく

# by koto-izumi | 2006-10-01 19:40  

羽衣ワークショップ4 ~神社巡り その弐~

その後は島根県松江界隈を駆け足で四社巡りました。まずスサノオの尊が
八雲立つ、出雲八重垣妻籠に八重垣つくる
その八重垣を
と詠んだ詩の碑で知られる八重垣神社。ここはまた縁結びで人気のある所です。神社に残る絵の中で最古の、平安時代に描かれたスサノオの命と稲田姫と天照大神の絵が重要文化財として展示されています。奥に進むと鏡が池があり、紙に乗せたコインの沈み方で恋の行方が占えるというので、若い女性が絶え間なく紙を浮かべていました。つづく

# by koto-izumi | 2006-09-27 10:31  

羽衣ワークショップ3 ~神社巡り~

9月24日日曜日、朝から張り切って神社巡りに出かけました。
まず、鳥取県の名和にある名和神社。ここは後醍醐天皇を隠岐の島から助け出した名和長年を祭り、全国の南朝方十五社のうちの貴重な一社となっています。ちなみに私の住む熊本では菊池神社と八代神社の二社がその仲間です。ご年輩の品の良い宮司さんは19代目の子孫にあたられる方でした。後醍醐天皇を匿おうとした船上山を背に、隠岐島に向かって並んだ名和一族の石塔はなぜか人の優しさを伝え、想いは永遠に受け継がれることを知らされました。つづく

# by koto-izumi | 2006-09-26 19:45  

羽衣ワークショップ2 ~出雲路~

c0085539_18214164.jpg

ご存知の通り、出雲大社は大黒様として親しまれている大國主の命をお祭りした神社として有名ですが、ここは琴にとても深く関わりのある所です。というのも琴に関する最古の記述が古事記に二つあり、そのひとつがここ出雲の話、もうひとつは九州筑紫地方の仲哀天皇と神后皇后の話となっています。
出雲では大國主の命がスサノオの命の娘を奪って逃げる時、権威の象徴として劔と弓と琴も一緒に奪ったという事が描いてあるそうです。そういえば出雲大社のご神事に、琴に見立てた木を取り囲んで棒で叩いて音を立てる儀式があるという事を以前読んだことがありました。大社造りの屋根は普通の神社と違い、屋根のハの字の面が正面を向いているので、構造上ご神体は西向きに御鎮座されています。ですから、参拝される時一度正面で拝んだ後、西に廻ってもう一度正式にご参拝なさってはいかがでしょうか。きっといいご縁に巡り合えるのではと思います。また本殿の東西に、いわゆる日本全国の神様のワンルームマンションがあり、神無月には全国神様会議が昼間に本殿で行われた後、夜は西日本の神様は西棟に東日本の神様は東棟にそれぞれおやすみになるそうです。
夕方、島根半島の最西に位置する所で夕日の名所、日御崎神社を訪れました。ここは夜を司る役目を持った神社として出雲風土記に出てくるまたまた由緒ある所です。向こうに見える経島はウミネコの経由する島として知られ、海岸にはワカメがたくさん打ち上げられています。この神社はまた、メカリ神事でも有名です。日本海に夕日の沈む様子がとても印象的でした。つづく

# by koto-izumi | 2006-09-25 18:21  

羽衣ワークショップ06~中国地方編

c0085539_9513679.jpg

いよいよ11月からオーラJが誇る伝説舞台羽衣が、文化庁本物の舞台派遣事業として本公演ツアーが始まります。初めての今年は、島根を皮切りに鳥取、岡山、山口、広島と周ります。そのためのワークショップツアーに9月21日から入りました。22日金、その記念すべき一校目が島根県にある琴浦町立八橋小学校でした。コト弾きの私にとっては町の名前が琴浦で学校の名前があの六段の調べを作った八橋検校を思わせるものだったので、非常なるご縁を感じました。翌日のオフは出雲に宿泊、さっそく出雲大社詣に行きました。私はこの日本海に面した山陰地方の神社巡りをするのをとても心待ちにしていました。
出雲大社は二回目ですが、エキサイティング!いろんな発見がありました。つづく

# by koto-izumi | 2006-09-24 09:51  

八ヶ岳「北杜国際音楽祭」が終わり、今年の夏が終わる

 気づいたら、秋風。熊本ではもうすぐ随兵(ボシタ祭り)ですね。うちの前の小学校の歩道には、さくらの葉の落ち葉が散り始めています。えっ?もう春の準備・・・植物の方が、人間よりえらいかも。ともあれ私にとって今年の夏は北杜国際音楽祭がすべてでした。
 東洋音楽と西洋音楽との出会う初めての国際音楽祭を、富士山と八ヶ岳の間に位置する北杜市の自然豊かな杜で成功させることにエネルギーの全てを注いで、あっという間に夏が過ぎて行きました。
 その中で、現代邦楽コンベンションでは全国から邦楽合奏団がここに100名ほど集結。各団すばらしい演奏を披露して頂き、最後にはオーラJはもちろん、みんなで巨火(三木稔作曲)を弾いて、ついにここで熱いマグマが邦楽を通してゴーっと音を立てて吹き上がりました。何より全国のアマチュア合奏団を創っている方々の熱気のすごさには圧倒されました。
 参加して下さった方々が、口々に「楽しい~」とおっしゃって下さったことで、全ての苦労が報われた思いでした。東京、千葉、徳島、織座、鼎、遊楽音、にわか、ちの、の各合奏団また個人参加の皆様方本当に遠いところからはるばるご参加頂きまして、大変ありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしております。

# by koto-izumi | 2006-09-08 22:43  

I.F インフォメーション

今後のおもな予定です。
*9月21(木)~29日(金)<鳥取・島根・岡山・山口・広島> 
                        文化庁派遣ワークショップ
*10月6日(金)<熊本>熊本城観月会 本丸特設ステージ 18:00~
*10月8日(日)<熊本>水前寺 国分寺ライブ 尺八ジェフ・ケアンズ  
                        時間未定
*10月9日(祝)<熊本県人吉市>青井神社人吉おくんち祭り  
                         出演19:00~20:00頃
*10月14日(土)<熊本>Art plex 東雲座ライブ 上通りびぷれす広場
                        18:00~21:00 出演時間未定
*10月16(月)~18日(水)<東京> オーラJリハーサル
*10月19日(木)<茨城県>下妻市民会館オーラJ公演「羽衣」14:00~
*11月16(木)~18日(土)<東京> オーラJリハーサル
*11月19(日)~30日(木)<鳥取・島根・岡山・広島・山口> 
                         オーラJ公演「羽衣」
*12月9(土)~10日(日)<熊本> 最後の芸者「あや子の会」18:00~ 

# by koto-izumi | 2006-09-07 11:01  

豪州見聞録 その2 Japan Festival Eve

メルバホールというメルボルン大学の中にある室内楽専用の素晴らしいホールで5月19日、ビクトリア・ジャパンフェスティバル・イヴの幕が開きました。
 和太鼓、津軽三味線、尺八、歌曲、そして私と福島竹峰さんとのユニット「東雲座」が登場。
 東雲座のシーンでは、日本の四季をテーマに「夏:雨ざんざん(21絃箏ソロ)」「春:さくらさくら(歌・絃箏)」「冬:長唄 鷺娘(三味線・唄・箏)」「秋:まつり・牛深ハイヤ節(唄・三味線・囃子・踊り)」を披露し、全体で日本三昧のエキサイティングなイヴとなりました。
 1年半ぶりに来たメルボルン!いるいる面白い人たちがいっぱい!つづく

# by koto-izumi | 2006-08-06 18:09  

オーストラリア見聞録 その1 以心伝心・ビビビ~

 さあて、いよいよ本腰いれてオーストラリア見聞録でも書こうかなと思った矢先、なんとたった今オーストラリアからメールが届きました。ヴィクトリア・ジャパンフェスティヴァルの実行委員長を務められた永嶋稔JCV(ジャパンクラブ・オブ・ヴィクトリア)会長からです。まさしく以心伝心。JCVのみんなで飲んでたとか。あ~みんなの顔思い出した・・・。
 メルボルンのジャパン・フェスティバルは今年で7年目。日豪交流年事業として今年5月19日に前夜祭コンサートがメルボルン大学にあるメルバホールで、またフェスティヴァルは21日にボックスヒルタウンホールで盛大に行われました。つづく   追伸:今日から東京です。

# by koto-izumi | 2006-08-03 01:36  

日豪交流年’06 オーストラリア見聞録が始まるよ~!

 今日から8月になりました。ガンガン夏!ってところで、このブログ。タイトル名を大風呂敷を広げまくって「世界トコトコKoto演奏旅行記」と銘打った以上、海外のことを書かなきゃ誇大広告でJAROに訴えられるか、はたまたマチャマチャに見つかって「ナニガ世界トコトコKoto演奏旅行記ダァ~?ハ~?」といってマイク投げられそう。今年は日豪交流年って皆さん知ってました?両国でこの一年間に沢山の文化交流が行われているんですよ。今は冬真っ盛りのオーストラリアの涼し~お話の数々。しかし南半球は人間も植物も動物もみな熱く燃えているザマス!乞うご期待!

# by koto-izumi | 2006-08-01 13:27  

マーティン・リーガンの「空の果てへ」

  オーラJの作曲家にマーティン・リーガンという大変楽しい作曲家がいます。彼の邦楽器による大編成の曲で、「空の果てへ・・・」という曲があります。
 これは、今度8月に北杜市で行われる、全国現代邦楽合奏団コンベンションの講習曲となっています。8分ぐらいの短い曲ですが、五線譜を箏譜に直し続けて1週間。昨夜やっと完成!バンザ~イ!!!
 邦楽というと、どちらかというと湿り気のある、少し情緒的に悲しみを潜ませた、想いを内面に込めるイメージが強いものです。
 でもこの曲は、屈託なく明るく、まるで青空に向かって、並んだトランペットがファンファーレを放ち、ハトがパーっと飛び立つような開放感とよろこびに溢れる作品です。
 第15回オーラJの定期で初演され、昨年10月には私がシリーズで行っている箏ミクロコスモス<三木稔コレクションシリーズ.6>で九州でも紹介したところ、お客様に大好評でしたよ。
 外国人の作曲家が、日本人には描き得ない世界を邦楽器で表現してくれるのはとてもうれしいことです。


 

# by koto-izumi | 2006-07-31 10:52  

7月17日:北杜国際音楽祭プレコンサート

 今年8月18日から20日にかけて、富士山と八ヶ岳の間に位置する山梨県北杜市を中心に、東洋と西洋の出会う大掛かりな国際音楽祭がはじめて開かれます。
 7月17日に、ユーミンの歌で有名な中央フリーウェー♪を通って、東京から現地に下見と打ち合わせに行きました。九州に住む私にとっては、東京と大阪の間を車で行くのは初めてです。
 ホールや施設を見学した後、雨の中、馬がつないである横を通って、赤い三角屋根のすてきな別荘に着きました。この音楽祭の実行委員長で芸術監督の三木稔先生が作曲をなさっている場所です。
 夜、この音楽祭の準備をするためにご協力下さる、現地スタッフ・関係者の方々とこれからいっしょにすばらしい音楽祭にしましょうということで、プレコンサートが行われました。
 オーラJから、桑子裕子さんと私、それに最後の曲は<冬のソナタ>をなんと事務局の門脇さんが、ヨンさま代わりに尺八を吹いてくれました。さすが、法政邦楽部出身ネ!和気藹々とした楽しいパーティーとなりました。

# by koto-izumi | 2006-07-26 00:37  

7月12日:オーラJ第18回定期演奏会の悲劇・・・

 去年新しくできた目黒パーシモンホールは室内楽を手軽に開けるキャパで、音響もまわりの環境もいい素敵なホールです。今年初めての定期で、オーラJの名称がORA-JからAura-Jに変更されました。はじめてのホールで名称も一新し、新鮮な気持ちで東横線都立大学前に降り立ったその瞬間、思いもよらぬ悲劇が・・・
 雨のなかゲネプロに遅れ気味になりそうで、あせってタクシーを止めたそのとき、ごろごろ引っ張ってきた小さい旅行ケースのハンドルを、勢い余って下ろしたところで指を挟んでグサッ!!
ああっ右手の人差し指から血がっ・・・肉から切れているらしくハンカチで止めてもなかなか血が止まらない、ヤバっ、まいったな~今日の演奏どうなるの?
 着いてすぐに4人のソロのゲネが始まりました。堀井智則<21絃箏のための四つの小品>の4番目。お箏屋さんに血止めをしてもらってその場をしのぎ、松村エリナちゃんが「太田胃散が血が止まる」と、オーラJ作曲家の橘川琢さんが薬屋さんに走ってくれました。へ~知らなかった!?楽屋で試してみると、太田胃散の上に間違ってキズに直接液体絆創膏を塗ってしまい、ウギャ~止まっていた血が、私をあざ笑うかのように蘇り、ふたたび滴り落ちてきました。
 しかし、悲劇はまだまだつづく。次の<八郎物語>のゲネ寸前、ブチッ!!箏のA絃が切れてしまった。トホホ、絃を糸巻きに巻く指の皮はピラピラ。なんとも情けない初日なのでした。
 さて、本番。ソロも何とか終わり、ドレスから着物に着替え、終曲<八郎物語>はオーラJの芸術監督で作曲家三木稔先生の直々の指揮。プリマでソプラノの飯島香織さんのすばらしい表現力と藤舎理生さんの美しい笛の音でとても楽しい八郎物語になりました。めでたしめでたし。

# by koto-izumi | 2006-07-24 11:24  

ジェフ・ケアンズCDリリースパーティ

7月22日の夜、熊本市内にある泰勝寺(細川ガラシャの墓所)の細川邸にて
ジェフ・ケアンズCDリリースコンサートにて、箏の演奏で出演しました
悪天候にもかかわらず、会場の細川邸にはたくさんの観客の方々が
来場してくださいました
ワインとスナックを楽しんで頂きながらの、
リラックスしたムードでの演奏会となりました


c0085539_055099.jpg

# by koto-izumi | 2006-07-23 16:36