<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

大晦日

大晦日の熊本城は雪と氷です。
c0085539_61252100.jpg

明日の元旦は、11時からと13時からの2回本丸御殿で演奏します。

藤川いずみ
Izumi Fujikawa

by koto-izumi | 2010-12-31 20:44 | KOTOトコトコ日記  

うさぎのあんこ餅

c0085539_20404068.jpg

今日は実家のログハウスで、お餅つきをしました。
とは言っても、蒸したお米を父が機械でついて、母が千切ったものを、私はコネコネするだけ。
外は寒いから、最後はだんだん硬くなって伸びなくなったので、あんこを入れて遊んでいたらウサギっぽくなった!南天の実をちぎって目を入れてみました。
(´・_・`)これ以上どうにもならん。ブサかわウサギのあんこ餅でした。

藤川いずみ
Izumi Fujikawa

by koto-izumi | 2010-12-28 19:14 | KOTOトコトコ日記  

X'mas eve にパイプオルガン

12月24日クリスマスイヴに、パイプオルガンコンサートを聴きに行きました。(熊本白川教会)
c0085539_16465471.jpg
キリスト教徒ではないのですが、教会のクリスマスミサ初めて体験しました。教会が溢れるほどの人の集まりでしたが、静かにおごぞかにおだやかな時間がすぎました。

 後半の1時間、パイプオルガンのコンサートでした。
 奏者は熊本のご出身の芸大大学院生でフランスに留学中、今年フランスのコンクールで日本人初の優勝をした才能豊かなパイプオルガニスト加藤さんという黒髪の美しい方でした。
J,S.バッハのトッカータとフーガ。彼女の出す音は鮮明で、演奏も新鮮でとても良かったです。「トッカータ」という即興的なところと「フーガ」というテーマの二つの要素があると解説してくれました。
オルガンのシンフォニーもありました。このパイプオルガンがMAXで鳴りきったときの迫力ある音を聴かせて頂きました。
 バッハが生きた時代は1685年、日本では箏曲六段の調べの八橋検校がなくなったころで、箏曲の歴史を説明するとき、よく西洋の音楽の歴史との比較でバッハを例に出します。
 六段も絶対音楽ですが、バッハのころまだ音楽は人間の感情まで表現するまで発達していなかった時代。 とすれば、「トッカータとフーガ」の冒頭の有名な出だし♪タララーっ、タラララ ラーラー♪ は 情熱的な感情があふれ出すフレーズ。これを聴くと、すでにベートーベンの運命などを予感させるものがあり、当時バッハが図抜けた才能があったことがよく分りました。

P.S.このフレーズ、子どものころ「たらり~鼻から牛乳」なーんてふざけるのが流行ってましたけど、バッハに失礼なことしてました。


藤川いずみ
Izumi Fujikawa

by koto-izumi | 2010-12-25 16:32 | KOTOトコトコ日記  

おっと、もうX'masに

もうすぐX'masですね。
c0085539_456116.jpg

みなさんにとって今年もいい一年だったことでしょうね。
私もあっという間に駆け抜けて行きました。
しばらくブログお休みしていましたので、これから穴埋めします!
ブログのフレーム、X’masケーキに変更だよ~ん。
藤川いずみ
Izumi Fujikawa

by koto-izumi | 2010-12-22 04:56 | KOTOトコトコ日記  

ごあいさつ

c0085539_13271637.jpg
人を育て文化を育てるには時間が掛かりますが、芽吹いてきたものはみなで丁寧に育てて行きます。
c0085539_132922100.jpg
世代から世代へ受け継がれる芸の世界 
その入り口は、うつくしいごあいさつから
あや子姐さんから芸子さん舞妓さんの卵へ心得が受け継がれて行きます。

by koto-izumi | 2010-12-19 13:26 | KOTOトコトコ日記  

12月18日 古城堀端あそびかい

12月18日(土) 料亭新茶家(熊本市新町)にて
「古城堀端あそびかい」
<第1部>
c0085539_039959.jpg

 仕舞 「半蔀(はしとみ) クセ」  シテ 築地豊治 
  源氏物語の『夕顔の巻』、扇子に夕顔をのせて源氏に差し出す有名なワンシーン。
c0085539_040754.jpg

 肥後狂言 「虎羊羹」(新作初演) 
  太郎冠者 田中秀美/ 殿様(加藤清正公) 服部和洋
c0085539_0404617.jpg

 筝曲 「尾上の松」より  箏 藤川いずみ
c0085539_0422515.jpg

 長唄 「鶴亀」  立方 あや子 / 唄・三味線 福島竹峰

第2部からだんだんと

by koto-izumi | 2010-12-19 00:27 | コンサート報告  

12月14日 コンクール

12月14日、熊本県の高校生の日本音楽部門のコンクールがありました。
第一高校邦楽部は、<箏五重奏曲三つのフェスタルバラード>(三木稔作曲)を2年生10人、1年生6人の16人で演奏しました。繊細かつ迫力ある素晴らしい演奏で金賞を受賞しました。

おめでとう。

by koto-izumi | 2010-12-14 23:37 | 学校邦楽教育  

12月12日録音 KOTO concerto No.4 オーケストラ版

c0085539_20343891.jpg
12月12日録音 KOTO concerto No.4 オーケストラ版
オーケストラパートのみの録音をしました。

「松の協奏曲」のオーケストラヴァージョンの楽譜完成に向けての校正チェックも行っています。
c0085539_18312382.jpg
c0085539_18332417.jpg
c0085539_18342420.jpg
c0085539_20391189.jpg

c0085539_2025122.jpg

by koto-izumi | 2010-12-13 18:22 | 結出版エトセトラ  

12月4日三島由紀夫原作「英霊の声」第25回風姿会公演 

12月4日(土) 熊本市男女共同参画センター「はあもにい」
三島由紀夫原作「英霊の声」風姿会公演
c0085539_18114515.jpg


写真もっと見る

by koto-izumi | 2010-12-04 18:10 | コンサート報告  

12月3日 若きが歌うふるさとのこころチャリティーコンサート

12月3日 熊本県立劇場コンサートホール 
若きが歌うふるさとのこころチャリティーコンサート
c0085539_17534071.jpg

明治・大正・昭和・平成へと歌い継がれたふるさと日本の名曲の数々。
そのオープニングで箏のソロを弾きました。
c0085539_17542771.jpg

「さくら」「五木の子守唄」
c0085539_17551344.jpg


実はこの中に・・・

by koto-izumi | 2010-12-03 17:25 | コンサート報告