<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

Japanese Soul 8 インプロビゼーション

c0085539_9463743.jpg最後に、この美術館の空間に相応しいハイレベルなインプロで締めくくりました。
なんと光栄なことでしょうか。名古屋フィルのコンサートマスターを務められるバイオリニスト後藤龍伸さんの飛び入り参加で、アンさんの尺八と池田素子さんのコンテンポラリーダンスのコラボレーション。
c0085539_9465272.jpg

後藤龍伸さんは、みやざき都さんが九響の仲間とごいっしょにお仕事をなさることから、このような夢の顔合わせとなりました。私自身、はじめてお会いして聴かせて頂きまして、エキサイティング!!都さんから話はよく聞いていたんですが、やはり凄い才能の持ち主です。
Muse ODA の特長ある空間いっぱいに多方向から音を響かせ、ヴィジュアル的にもワクワクです。
c0085539_9471347.jpg
ミクシーで、注目されるマイナーコンサートとどなたか書いてくださってたらしいのですが、これでお客様は一期一会の音との空間との出会いに、このコンサートに来た甲斐あったと思ってくださったのでは・・・と内心喜んでしまいました。

by koto-izumi | 2008-05-02 10:13 | コンサート報告  

Japanese Soul 7 茶音頭

c0085539_9235282.jpg
世のなかに すぐれて 
花は 吉野山
紅葉は 竜田 
茶は 宇治の都 ・・・
菊岡検校の古典名作 
茶音頭




茶音頭を演奏する前に、アンが作ったTeaの韻が並んだお茶の詩を披露。
福岡に住むアンの友人の家族の男の子がそれを聞きながら笑っていました。楽しいPoemらしい。

by koto-izumi | 2008-05-02 09:32 | コンサート報告  

Japanese Soul 6 鶴の巣ごもり

c0085539_9173028.jpg

尺八本曲 鶴の巣ごもり アン・ノーマン

by koto-izumi | 2008-05-02 09:18 | コンサート報告  

Japanese Soul 5 Inner Tide

c0085539_8564081.jpg
新箏(21絃)独奏 
藤川いずみ、
コンテンポラリーダンス 
池田素子で、
佐藤容子作曲 
Inner Tide 
(内なる潮流)



c0085539_857094.jpg
c0085539_857126.jpg3月11日に東京四谷区民ホールで初演したばっかり。九州初上陸デス

ララララララ ラ~ 
ラララ ラ~
えいっ、や~

by koto-izumi | 2008-05-02 09:04 | コンサート報告  

Japanese Soul 4 「風の歌」 

c0085539_8404899.jpg
箏 藤川いずみ、
尺八 アン・ノーマンで、沢井忠夫作曲「風の歌」
この日尺八は2尺を使用。






c0085539_841630.jpg
風そよぐ気持ちの良い日でした。

by koto-izumi | 2008-05-02 08:41 | コンサート報告  

Japanese Soul 2 春の海

c0085539_8225682.jpg

春には春らしく、「春の海」
福岡の私の大親友みやざき都さんの箏、尺八はアン・ノーマンさんです。

by koto-izumi | 2008-05-02 08:34 | コンサート報告  

Japanese Soul 3 胡哦

c0085539_8325937.jpg

みやざき都さんの25絃独奏で、伊福部昭作曲 「胡哦」です。
ゴジラのテーマの作曲をされた伊福部昭先生の作品。この曲はモスラのテーマがモチーフ。優雅で激しさもあるノスタルジックな美しい曲です。

by koto-izumi | 2008-05-02 08:34 | コンサート報告  

Anne& Izumi& Miyako Japanese Soul

博多の末永文化センター内の美術館 Muse ODA で、08.3.29にライヴをしました。
九州交響楽団の練習ホームにもなっているようですが、とてもすてきな場所で、いっぺんに好きになりました。
c0085539_812318.jpg

みなさま、ようこそいらっしゃいました・・・これからコンサートが始まります。
でも1時間前にここについたばかり。実はまだ箏の調弦もとってない!三絃の箱のふたも開けていな~い!あらら・・・はじまった・・・・

by koto-izumi | 2008-05-02 08:17 | コンサート報告  

チェリスト 吉川よしひろさん 08.3.23 夜

c0085539_3193760.jpgニューヨークで、もちろん日本でも活躍されているチェリスト吉川よしひろさんです。彼の生き方を取材した番組が数年前NHKで1時間のドキュメンタリーとして放送されたことがあるそうです。
加藤清正の菩提寺・本妙寺境内で、お昼間彼のソロコンサートがあり、夜に彼を囲む会。c0085539_3195578.jpg

                           
                                       
                                         吉川よしひろさんのチェロは、大らかな海に船出して行くような、広がりと深さを持つ素晴らしい音色と音楽でした。あの9.11グランドゼロで、最初に追悼演奏をした人で、日本でもCM音楽などでも聞こえてくるそうです。お別れした後で、いただいたプロフィールを見てビックリ。実は片方の耳に障害をお持ちだったことを克服されてチェリストになられているのです。

この日熊本入りしたばかりのアン(尺八)をつれて、坪井川園遊会での演奏に行った帰りに、竹峰さんと3人で本妙寺下の茶屋に伺い、それぞれに演奏し、写真は最後の即興コラボレーション之図。
ここで吉川さんと音で通じ合う喜びを味わった日でした。

by koto-izumi | 2008-05-02 03:51 | KOTOトコトコ日記  

坪井川園遊会にて 08.3.23

熊本城の長塀の前を流れる坪井川は加藤清正が内堀に利用した川です。その界隈は今でも城下町の風情を残す場所。色濃く残る新町界隈の町おこしで、ここ数年、春には坪井川園遊会として、長塀の前から川くだりしたり、老舗の料亭で園遊会が行われています。
c0085539_258660.jpg
写真は出番を待つ少女たち。しつけが行き届いているので、きちんとご挨拶ができます。私たちが演奏から戻ってくると、横に並んで手をついて「お疲れ様でございました」と、礼儀作法も美しい!デス。

by koto-izumi | 2008-05-02 03:08 | KOTOトコトコ日記