四時軒 横井小楠記念館

c0085539_5594479.jpg
幕末の思想家横井小楠の住居跡。資料館は地震の影響で閉館。
c0085539_625463.jpg





横井小楠の住居だった四時軒。熊本市東区で益城町に近い地区だったため被害が大きかった。
c0085539_642286.jpg
c0085539_662698.jpg
c0085539_674256.jpg
c0085539_68307.jpg
c0085539_6912.jpg

横井小楠は肥後実学党の党首で、幕末の政治家・思想家。文化6年(1809)肥後藩士横井時直の次男として、内坪井(現熊本市坪井)に生まれ、名は「時存(ときあり)」、号を「小楠」、「沼山(しょうざん)」(熊本国府高校パソコン同好会記事より)
・・・この界隈の町名を”沼山津”というのは、横井小楠の雅号からきているのかなと思いました。
飯田山(小さな富士)や阿蘇山や江津湖など、庭からの眺めが四季折々に見えるので四時軒と呼ばれていたそうです。

by koto-izumi | 2016-05-14 05:56 | くまもと 城下町復興募金  

<< 賛同して下さっているみなさん 地震から一ヶ月過ぎても >>