地震日記⒅ 変わりゆく音

地震直後は、余震の地鳴りや、救急車の音。
長い夜があけると、ヘリコプターの音。
3日目の朝になって、ガタンゴトン・・・豊肥線の電車の音。(阿蘇でレールが損壊し区間運転)
大雨の音。最近は工事の音。昨日学校が始まって子供たちの遊ぶ声。(5月11日に記述)

5月3日、11時ごろ外から音楽が聞こえて来る。パソコンしながらきくとはなしに耳を傾けた。
地震以来、避難所の隣ということもあって、箏を弾くのを控えてきた私には、外から音楽が聴こえてくるのはとても新鮮な気持ちになる。
その音は、バグパイプのような音に聞こえるけど・・・?体育館から聞こえる・・・
ぬかるむ運動場を走って行ってみると、慰問だった。
c0085539_3174633.jpg





c0085539_3195265.jpg

スコットランドのエジンバラから、ジョージワトソンズ カレッジのみなさん。 
スコットランドの民族音楽の演奏でみんなを楽しませてくれている。
c0085539_3191432.jpg
この日は雨で、博多どんたくのパレードに出演予定から、急きょ熊本の慰問に予定変更して来てくれたとのこと。
宗像市で行われたラグビーに関連して演奏旅行していたそうだ。
c0085539_318509.jpg

スカートを「キルト」と呼び、種類は地域やチームによって違い、重い生地が良いそうだ。
質問コーナーで「前に下げているがま口のようなものは?」との問いに、昔は軍隊で行進していたから、中には乾燥した食べ物などを入れていたそう。今は小物入れにしているらしい。
c0085539_3181169.jpg


最後に日本でも知られた「蛍の光」を演奏しながら行進して退場。
残念ながら私はこの曲しか聞けなかったが、本場の蛍の光を聴けて感激!
なるほど、バグパイプで演奏するから音域の関係なのか、フレーズ間でオクターブが上がったりして、自分が知っているメロディとはまた違った感覚で面白かった。
バグパイプは意外と音量が大きいのに驚いたのと、行進しながら太鼓のばちをくるくる回してリズムとるのも感動した。
c0085539_356485.jpg

私も東北大震災では演奏したことがあったが、まさか自分が慰問演奏を聴くことになるとは思ってもみなかった。
慰問される立場で音楽を聴くと、心で聴く。
遠くからわざわざここへ私たちに会いに来てくれたことに感謝する気持ちでいっぱいになった。
ジョージワトソンズカレッジのみなさん、ありがとう!

by koto-izumi | 2016-05-03 23:42 | くまもと 城下町復興募金  

<< 城下町の被害は30億円 熊本 城下町の様子 ⑺ >>