地震日記⒀ 古城堀端あそびかい

あや子姐さんはまだ入院中。(この記事を書いているのは5月4日)
「ベッドに寝てても、やらなきゃ前に進まないことが山積みで、頭の中がぐるぐるとパニック状態…」と、気が休まらないらしい様子。 高齢だから十分療養してほしい。
c0085539_1121879.jpg
古城堀端あそびかい(主催:お座敷文化保存委員会 H27年 2015.12.22 料亭新茶家)





福島竹峰さんと平成11年(1999)に「東雲節」を結成して、「東雲座ポンポコニャ」お座敷ライブをはじめた。新茶家であや子姐さんに出会い、それから座敷のいろはを教わった。
あや子姐さんは、座敷の師匠であり、私たちのヒーロー。
花柳界の巨匠、無形文化財、日本全国どこにも負けない熊本の誇りだ。
c0085539_13151345.jpg

「あや子の会」は平成15年1月から始まり、平成22年12月からは「古城堀端あそびかい」と改名して続けている。バブル崩壊とともに熊本に見番が消え、座敷文化は衰退。
あや子姐さんは最後の光となって、時代をつないでいる・・・
c0085539_13102331.jpg

あや子姐さんの十八番「黒田節」は絶品中の絶品。弓をキリキリと引き絞って、瞬時に放すと、矢がシナる音がする。
一瞬の芸にすべてをかける、私が大好きなシーン。箏を弾きながら見逃さない。
あや子姐さんの舞台に甘さは一つもない。
c0085539_1333367.jpg
黒田節
c0085539_13453863.jpg
蘭蝶のお宮
c0085539_13461078.jpg
おてもやん(みさ子)
c0085539_1347797.jpg
おるが銀座

by koto-izumi | 2016-04-23 10:03 | くまもと 城下町復興募金  

<< 地震日記⒁ スペインから 地震日記⑿ 愛される昔からの町名 >>